10月28日、文部科学省大臣官房審議官の久保公人氏を講師に迎え、「国立大学に今後求められるもの」と題した経営戦略会議主催の講演会を開催しました。講演では、中央教育審議会に諮問された「中長期的な大学教育の在り方について」を踏まえ、国立大学の将来像について約1時間の講演をいただき、講演後の質疑応答では、予定時間を超過するほどの多くの質問が寄せられましたが、丁寧なご回答・アドバイスに、聴講した職員からは、今後の大学運営に大いに参考になったとの声が聞かれました。
 なお、当日は講演に先立ち大学を取り巻く情勢や大学や部局の課題に関して幹部職員の認識の共有を図るため、本年度第2回幹部職員合同会議が開催されました。冒頭、成瀬学長より、「財政と経営課題について」共有を図りたい旨の挨拶があり、引き続き、安部企画調整役及び川嵜財務課長から「滋賀大学の財政構造について」と題しての説明の後、出席者による活発な討論が行なわれました。

久保大臣官房審議官

久保大臣官房審議官

熱心に聴講する参加者

熱心に聴講する参加者

挨拶する成瀬学長

挨拶する成瀬学長

説明する安部企画調整役(右)と川嵜財務課長

説明する安部企画調整役(右)と川嵜財務課長