9月29日(月) 小樽商科大学を会場に、3大学センター(本学産業共同研究センター及び地域連携センター、小樽商科大学ビジネス創造センター、福島大学地域創造支援センター)定例情報交換会が開催されました。
 本交換会は、社会科学系国立大学に設置された地域共同センターとしての経緯、活動領域の類似性に鑑み、3大学センターがそれぞれの産学官連携事業に関する創意と工夫、成果等を学び合うことにより、各大学のより優れた社会貢献への一助とするため、定期的に情報交換を行うもので、毎年度、3大学センターが持ち回りにて開催しており、今年度は小樽商科大学が当番校で開催された。
 本交換会の内容は、午前の部においては、3大学センターによる「地域貢献活動を推進する際の主要な問題点、課題」等についての意見交換が行われ、午後の部においては、会場を小樽市民センター・マリンホールに移動し、「地域と<つながる>大学 地域を<つなぐ>大学 -地方3大学の取り組む-」と題して、主催3大学のさまざまな地域連携(産学官民との連携)の事例をもとに、市民を交えた公開シンポジウムを開催しました。

第4回3大学センター定例情報交換会
第4回3大学センター定例情報交換会
第4回3大学センター定例情報交換会
第4回3大学センター定例情報交換会