8月21日、22日に、文部科学省主催の予備講習実践事例発表会が京都教育大学において開催されました。2日間にわたり、奈良教育大学、京都教育大学、広島大学、甲南大学、武庫川女子大学、岐阜女子大学、島根大学、鹿児島大学、そして本学の9大学の実践事例発表と文部科学省開発中の更新事務システムの説明が行われました。本学からは、教育学部・木全教授、児玉教授が事例発表を行いました。
 発表会では、各大学の様々な視点からの意欲的な取組内容と成果、課題等が報告されました。会場には、国公私立の大学、短期大学等の関係者が多数参加し、活発な質疑応答が行われました。来年度の免許状更新講習の開設に向けた検討に大変参考になる機会となりました。

予備講習実践事例発表会
予備講習実践事例発表会