安達昇さん

安達昇さん

 「それぞれの彦根物語」第45回が、5月17日(土)ひこね街の駅「寺子屋力石」(滋賀大学街なか研究室)にて開催されました。

 『彦根物語45』は、彦根城築城400年祭の「彦根まちなか博物館」について、彦根商工会議所中小企業相談所 次長の安達昇さんよりお話いただきました。
 2005年1月頃、2007年に開催される400年祭についての素案作りが始まりました。
 ○ハードは今あるものを使う。○彦根の幕末から明治にかけての先人や産業をクローズアップさせていく。○彦根に眠っている多くの魅力あるものを、市民の手で掘り起こす。
・明治の三大書家「日下部鳴鶴コレクション」
・明治創設私鉄電車「近江鉄道コレクション/ミュージアム」
・全国の郷土玩具収集家「高橋狗佛コレクション」明治・大正のチラシ「彦根の引札コレクション」
 3つの「彦根まちなか博物館」が開設されました。
 カリスマ学芸員の活躍、各業界団体の支援等、「彦根まちなか博物館」は、『民力』でつくりあげた博物館となりました。

 現在も「夢京橋あかり館」「近江鉄道ミュージアム」「彦根城天守内武者溜前(鳥瞰図)」では、彦根まちなか博物館を継続されています。
 参加者の中から、今回収集されたモノを、これからも常設で展示できるような仕組みをつくることができれば・・や、カリスマ学芸員の方から、多くの人との出会い、新たな発見等とてもよい経験ができたと同時に、主催者のきめ細かい心遣いが繋がりを深めたと思う・・・等とのお話がありました。

会場の様子

会場の様子

博物館コレクションブック

博物館コレクションブック