滋賀大学教育学部は、4月23日、守山市役所庁舎において、守山市教育委員会と相互の教育に関する事業の発展をめざして連携・協力するために相互協力協定を締結しました。
 連携・協力の内容は、少人数学級編成を取り入れている守山市の小学校に対して「小学校低学年」以降の学年に本学部生の支援を導入、小中学校における支援の要請に呼応する体制づくりなどで、方法等については今後具体的に協議されます。
 調印式には、教育学部から吉川学部長、近藤副学部長、矢野副学部長、岩上副学部長、西川副事務長(事務長取扱)、守山市教育委員会から山川教育長、三品教育部長、田中教育部次長、津田教育部次長、 北川学校教育課長補佐、藤村学校教育課主幹、久米学校教育課指導主事が出席し、吉川教育学部長と山川教育長とが協定書を取り交わしました。
 教育学部で地域自治体と相互協力協定を結ぶのは栗東市・野洲市教育委員会に次いで3例目です。

守山市教育委員会と相互協力協定を締結
守山市教育委員会と相互協力協定を締結