3月10日(月)、近畿経済産業局、中小企業基盤整備機構近畿支部、京都信用金庫と滋賀大学の主催で「滋賀の地域資源活用 直ぐに役立つ!”売れる商品づくり”勉強会」を開催しました。
 滋賀県の「農林水産物」を使った新しい商品や食品加工技術を使って作られた新しい商品を、県内だけでなく東京など日本全国に販売するために、国の支援プログラムや百貨店のバイヤーが商品を選ぶ際のポイントを知ってもらう勉強会です。
 中小企業の関係者ら約30名が参加し、近畿経済産業局の坂野課長補佐より「売れる商品作りを支援する国の施策の紹介」、高島屋の食品バイヤーの方から「百貨店が求める商品とは」の講演があり、そのあと事業の進め方など個別相談がもたれました。

講演

講演

参加者の様子

参加者の様子

個別相談

個別相談