2月16日(土)大津キャンパスの瀬田川畔で「びわ湖・瀬田川オブザベトリ」の竣工式が開催されました。成瀬学長、井深理事、下地理事、秋山教育学部長、中村環境総合研究センター長らにより玄関においてテープカットが行われ、続いて、施設内の2階多目的セミナー室で成瀬学長の挨拶、三木施設管理課長からの工事概要説明、井深理事の挨拶が行われました。
 この施設は、琵琶湖の環境調査を行う調査艇の基地としての機能と「琵琶湖環境体験学習」等の観察拠点(オブザベトリ)としての要素を持たせた施設として改築整備されました。
 今後は、この「オブザベトリ」の竣工を契機に、本学の教育研究活動の3本柱のキーワードでもあります「環境」について、琵琶湖を中心とした科学・環境に関する教育研究にこの施設がなお一層利用され、教育研究が推進されていくこととなります。

テープカット

テープカット

成瀬学長の挨拶

成瀬学長の挨拶

井深理事の挨拶

井深理事の挨拶

びわ湖・瀬田川オブザベトリ全景

びわ湖・瀬田川オブザベトリ全景