学生及び地域住民の方に大学に親しんでもらえるように、アミューズメントを提供し、広く地域へ大学を開放する取組として11月26日からキャンパスイルミネーションを行っています。
 26日の点灯式には、学生及び地域住民約150名の方に参加していただき、成瀬学長の挨拶の後、学生会委員長(経済学部)石田直斗さんのカウントダウンにより、ホワイトLEDにより電飾されたプラタナスの樹とスポットライトにより照らしだされる経済学部講堂が一斉に点灯されました。
 点灯後、参加者は滋賀大学オーケストラ部による弦楽四重奏の演奏を聴きながら、コーヒーやパンプキンスープを味わい、幻想的な雰囲気を楽しんでおられました。
 なお、この「キャンパスイルミネーション」は、来年の1月17日まで行われ、期間中「カフェ ラグーナ」にて本学学生によるアコースティックライブも開催します。ぜひ皆さん、この機会にお越しいただき、昼間とは違った雰囲気のキャンパスをお楽しみください。

 イルミネーションの詳細はこちらからご覧ください。

学長挨拶

学長挨拶

オーケストラ演奏風景

オーケストラ演奏風景

プラタナスイルミネーション

プラタナスイルミネーション