国宝・彦根城築城400年祭滋賀大学協賛事業

 現在開催されている国宝・彦根城築城400年祭の協賛事業として、11月1日(木)正午から、国の登録有形文化財である経済学部講堂を会場に「大老料理を食べよう」を市民の方など120名の参加者のもと開催しました。
 会場入口では、裃に袴姿で井伊直弼に扮した成瀬学長が来場者をお迎えし、茶道部による抹茶をいただいたあと、井伊大老が幕閣を邸宅に招いた際、料理方に作らさせたとされる自筆の献立を参考に再現した「大老料理」を味わいながら、邦楽部による演奏を楽しみました。
 参加者からは、「薄味で健康的。」、「素材の味がして美味しい。」などの感想もいただき、終了後は経済学部附属史料館で開催中の「古文書でふりかえる彦根」へ引き続き足を運んでいただいた方やキャンパス内から彦根城をバックに写真を撮られる方など、落葉の続く午後のひと時、キャンパス内を散策されました。

国宝・彦根城築城400年祭滋賀大学協賛事業
国宝・彦根城築城400年祭滋賀大学協賛事業