去る9月19日(水)、彦根キャッスルホテルを会場に、「地域活性化プランナーの学び直し教育推進プログラム」、通称『学び直し塾』開校式を開催しました。これから半年間12回にわたり、山崎教授(塾長)、阿部特任准教授(副塾長)、北村教授、宗野准教授、石井特任教授、北詰客員研究員の6名の講師のもと、包括的協力協定を締結している県内8自治体より23名の受講生のみなさんが学びます。
 当日は山崎塾長より、『学び直し塾』の紹介のあと、宮本前学長、成瀬学長による対談「地域自決と大学」が行われ、『学び直し塾』はスタートしました。
 そして10月4日(木)には、第2回政策科学のアプローチ<理論編>が大津サテライトプラザで開催されました。

 プログラムは次のとおりです。
第1回  開校式(オリエンテーション)
第2回  政策科学のアプローチ<理論編>
第3回  政策分析の手法(1)<理論編>
第4回  政策分析の手法(2)<理論編>
第5回  地域政策の論点と議論<理論編>
第6回  政策分析−実践への応用<理論編・実践編>
      実践課題例1)自治基本条例
      実践課題例2)ニューパブリックマネージメント
      実践課題例3)公共交通問題
第7回  政策分析・事例研究1<実践編>
第8回  政策分析・事例研究2<実践編>
第9回  政策分析・事例研究発表<実践編>
第10回  政策の立案と提言−政策コーディネートの意義<理論編>
第11回  立案政策案のプレゼンテーション<理論編・実践編>
第12回  修了式(シンポジウム)

地域活性化プランナーの学び直し教育推進プログラム
地域活性化プランナーの学び直し教育推進プログラム
地域活性化プランナーの学び直し教育推進プログラム