3月24日(土)長浜勤労者総合福祉センター「臨湖」にて、地域政策シンポジウム「分権時代の地域ガバナンス」が開催されました。
 今年度から本学と包括協定締結の関係にある5自治体(大津市、彦根市、長浜市、米原市、安土町)が連携して『淡海地域政策フォーラム』の活動を始め、具体的には、自治体共通テーマ「公共交通問題」の共同研究、「事業仕分けと地域事業組成」「地域自治組織と協働」をテーマとした政策ゼミナールを実施しました。この一年間の活動成果に基づき、今回のシンポジウムを企画しました。
 基調講演「分権時代の地域ガバナンスを考える」において、経済学部北村裕明教授が講演され、その後自治体代表者と研究者が共に事例報告を行いました。最後に、彦根市長、市民活動・NPOコーディネータ、参加者をも交えて、活発な討論が行われました。

地域政策シンポジウム
地域政策シンポジウム
地域政策シンポジウム
地域政策シンポジウム