3月15日(木)「湖北3大学連携 地域中小企業向けMOTプログラム」における指導内容の研修目的で、JICAウクライナ日本センターのBoris A.TSYGANOK所長(ウクライナ国立キエフ工科大学教授国際部長)、JICAウクライナ日本センターの職員、ロシア語通訳の3名が大津サテライトプラザに来校されました。

 「ウクライナ日本センター」とは、JICAが、キエフ工科大学の協力を得て、日本のビジネス・語学・文化について技術移転を行っている研修所です。2006年5月に開所し、現在は文化、言語等についての研修を行っており、今後はビジネス研修において中小企業の育成を主眼とした活動を行うために、湖北3大学連携の中小企業むけプログラムの内容を参考とされたいとのことでした。
 産業共同研究センターからは、野本センター長、宇佐美客員教授、山本客員教授が出席し、2時間半に渡って説明や意見交換等が行われました。

JICAウクライナ日本センター所長来校
JICAウクライナ日本センター所長来校