「それぞれの彦根物語」第17回が、10月28日(土)、ひこね街の駅にて開催されました。

のろし駅伝

『彦根物語17』では、佐和山城研究会代表の田附清子さんが話題提供をしました。
 石田三成を、佐和山を、愛してやまない田附さんが、「佐和山を10倍楽しむ方法」と題し、お話されました。
 幼少からお母様から佐和山にまつわる話をきかれ、佐和山のふもとで育ってこられました。
 佐和山の歴史は鎌倉時代から始まり、戦国時代の浅井氏、信長、秀吉、石田三成とつづきます。武将たちは一番信頼のおける家臣を佐和山に配しました。田附さんは、四季をとおして、佐和山歩きをし、土塁や堀をみつけたり、まだまだなぞが残るこの佐和山に益々はまっておられるようです。11月23日にはのろし駅伝も開催されます。
 佐和山の写真を細かに説明され、参加者の人たちも佐和山がより身近に感じられるようになったと思います。今まで行ったことのない人も一度いってみようと思わせてしまう彦根物語でした。

田附清子さん

話題提供者の田附清子さん

会場の様子

会場の様子