去る8月22日、教育学部を会場に第1回 大学・附属共同研究発表大会が開催されました。

 「理論と実践の融合を図り、地域のニーズに応えられる教育研究」をテーマとして、全体会の後、幼稚園、小学校、中学校、養護学校の分科会に分かれて共同研究の成果を発表しました。
 参加者は約200名あり、次回の大会に向けてさらなる大学と附属学校園の連携が期待されるところです。

秋山教育学部長
全体会のもよう
堀越教授
分科会のもよう