8月5日(土)、経済学部において危機管理講習会を開催しました。
 講師に関西大学から灘英世・菅原福子両氏を招き、夏期休業中に起こり得る事故に対する防止策・対処法の講習、心肺蘇生法実技講習、救急救命法・救助法実技講習の3部構成による講習が行われました。
 1部ではAED(自動対外式徐細動器)及び熱中症に関する講義が行われ、2部ではダミー人形を使用した心肺蘇生法を講師と学生が一緒に交えて本番さながらの場面を体験しました。3部では実際にプールの中で水による事故を想定し、身近にある物を使用しての救助法の体験が行われました。
 参加した学生は体育系クラブを中心に100人を超し、実際の体験から学ぶことで緊急時の迅速な対応や一人一人が危機管理の意識を持つことで、今後のクラブをより安全に充実した活動に役立つ有意義な経験となりました。

〜1部 講義の様子〜

〜1部 講義の様子〜

〜2部 心肺蘇生法実技の様子〜

〜2部 心肺蘇生法実技の様子〜

〜3部 救助法実技の様子〜

〜3部 救助法実技の様子〜