平成18年度滋賀大学入学式が、4月5日(水)午前10時30分から、ひこね市文化プラザで挙行され、教育学部255名、経済学部605名、大学院教育学研究科67名、大学院経済学研究科博士前期課程51名、大学院経済学研究科博士後期課程6名、特殊教育特別専攻科11名の総計995名(うち留学生54名)の入学生が、希望に燃え、新しいスタートを切りました。
 式典では、声楽家による学歌独唱の後、入学生代表(教育学部 幸尾実菜子)の入学者宣誓が行われ、続いて、成瀬学長の告辞、大田佐享教育学部同窓会会長からの祝辞、在学生代表(経済学部4回生 長尾祥平)から歓迎の辞が述べられ、最後に、来賓、本学役職員の紹介がありました。
 式終了後、オリエンテーションが行われ、会場の新入生は新しい大学生活に希望をふくらませているようでした。

関西二期会会員 高島依子氏による学歌独唱

関西二期会会員 高島依子氏による学歌独唱

成瀬学長から新入生への告示

成瀬学長から新入生への告示

新入生代表による誓詞の後に学長と握手

新入生代表による誓詞の後に学長と握手

在学生代表から歓迎の辞

在学生代表から歓迎の辞