2006年2月5日
滋賀大学環境総合研究センター

 時下ますますご清栄のことと存じます。平素より滋賀大学の教育・研究活動にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さて、この度、滋賀大学環境総合研究センターでは、下記の要領で「第2回食の安全・安心を考えるシンポジウム」を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
 本シンポジウムは、環境総合研究センターのプロジェクト研究「安全・安心の米作り営農技術に関する産官学連携研究」チームの研究活動の一環として開催するものです。本研究プロジェクトでは、安全・安心の食の生産と流通システム作りに関する研究を進めるとともに、持続可能な農村経済の確立に向けた産官学の共同研究の取り組みを行っております。ご関心の皆様のご参加を心より歓迎いたします。

日 時:平成18年2月28日(火) 13:00〜16:30
場 所:滋賀大学彦根キャンパス 第2校舎棟 2階 第23講義室
     滋賀県彦根市馬場1丁目1番1号

シンポジウムプログラム

13:00〜16:30「第2回食の安全・安心を考えるシンポジウム」
13:00〜13:05開会の挨拶
13:05〜14:05基調講演 「食品の安全性を確保するには」
 講師:小若 順一氏(特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金)
14:05〜14:40講演1「お米の品種を見分ける技術とその使い方−農産物のDNA鑑定−」
 森 真理氏(滋賀県農業技術振興センター)
14:40〜15:00コーヒーブレーク
15:00〜16:00講演2「山形県における残留農薬のリスク管理」
 清水浩太郎氏(山形県農林水産部農業技術課エコ農業推進室)
16:00〜16:30総合討論
16:30〜閉会の挨拶

主催 滋賀大学環境総合研究センター
後援 滋賀県JA滋賀中央会JA全農滋賀
協賛 (株)日吉

詳細はこちら→「第2回食の安全・安心を考えるシンポジウム」チラシ

この件に関する問い合わせは、滋賀大学研究協力課(Tel 0749-27-7524)までお願いします。