2月6日(月)〜8日(水)、大津サテライトプラザで、産・学・民パートナーシッププロジェクト(滋賀大学・NPO法人ヒューマンサポート協会・平和堂)第4回目の事業として、教育学部附属養護学校主催『あしあと・てあと展』を開催し、期間中、約100名が訪れました。
 養護学校の子どもたちが日常生活や学校の中で感じたことを素直に、思いのままに表現したものから、中等部、高等部の授業の一環である、職業訓練の成果など、絵画・書・陶芸・織物・印刷のほか木工・ペットボトルを使った電飾・写真パネルに表現した約100点の作品を展示し、見学者は、熱心に鑑賞し、作品の完成度の高さに魅入っていました。

養護学校が「あしあと・てあと展」を開催
養護学校が「あしあと・てあと展」を開催
養護学校が「あしあと・てあと展」を開催
養護学校が「あしあと・てあと展」を開催