平成17年12月17日(土)13時30分から、大津駅前、平和堂アルプラザ大津6階において、『滋賀の伝統料理展示会』を開催しました。
 このイベントは、産・学・民パートナーシッププロジェクト(滋賀大学、滋賀の食事文化研究会、NPO法人ヒューマンサポート協会、平和堂、キリンビール)主催によるもので、今回は、産・学・民パートナーシッププロジェクト第3回目の事業として、会場には約200名が集まりました。
 滋賀の食事文化研究会代表の堀越昌子教育学部教授の挨拶で開会し、展示ブースでは、滋賀の伝統料理46種類を前に、研究会メンバーから伝統料理についての説明があり、たくさんの方が足を運ばれ、料理方法などについて熱心な質問が相次ぎました。また、同時開催された「伝統料理をもっと楽しむためのアルコール講座」では、キリンビールから講師を招き、ビールと伝統料理との相性などについての説明があり、その後の伝統料理の試食会では、伝統料理とビールに舌鼓を打つ参加者が談笑し、非常に和やかなうちに終了しました。

写真1
写真2
写真3
写真4