京都陵水会計人会学生説明会が、11月21日(月)、経済学部1〜3回生、院1回生を対象に経済学部第24講義室において開催されました。今年度は「企業活動で重要な役割を担うこの業界、職業について基本的事項を理解し、資格取得・自立起業を含む、自己の進路、個別懇談の機会を与える。」ことを目標としました。
 当日、京都会計人会からOB講師4名が出席し、学生は46名と例年にない多くの参加となりました。
 まず、阿知羅経済学部長の挨拶、原(大14)京都陵水会計人会会長の挨拶に続き、村尾慎哉氏(大28)、土肥栄太氏(大48)による公認会計士についてビデオ放映を交えながら説明がありました。特に、身近な土肥氏の公認会計士の合格体験談は、公認会計士を志す学生にとっては実りあるものとなりました。続いて、有田行雄氏(大23)から、税理士についての詳しい説明がありました。
 さらに会場を陵水会館に移して懇親会が開かれ、多くの学生が参加して、先輩との交流を深めました。