11月16日(水)、教育学部附属養護学校3年生の生徒8名が、黒田校長、川邊高等部主事、担任の八木教諭、澤井教諭、鳥濱教諭とともに学長室を訪問しました。
 今年の6月に学長が養護学校を視察したことがきっかけになりました。高等部3年生の卒業制作を学長室に寄贈する話が進み、その中で制作する生徒のことを直に学長に知ってもらうことや学長室の展示場所の確認することなどの目的で、成瀬学長が招待したものです。
 生徒達は、学長室に通されると緊張していましたが、成瀬学長、井深理事、吉野理事の暖いもてなしを受けて表情も和らぎ、自己紹介の後、昼食をともにしました。短い時間でしたが滋賀大学や養護学校のことをお話しする楽しいひとときを過ごしました。

生徒の作品を学長に贈呈
記念撮影

学長室を訪問した3年生
 猿渡香織、勝見奈央、清水 嵩、鈴木淳也、中田裕介、福石みわ、山下力也、山本美雪