旧寺子屋を活用した「街の駅」が、彦根の花しょうぶ通りにオープンしました。「街の駅」とは、みんなが利用するプラットフォームで、現代版寺子屋として実践研修や人材育成を行い、また、当商店街も含む散策ルートを巡る人々、当商店街を生活の場とする人々に対して、街の歴史や文化、情報やもてなしなどを提供するものです。そのため車椅子も使用できるトイレ、お茶を飲めるサロン、ギャラリー、教室、ユビキタス端末検索機などが用意されています。駅長さん、副長さんもいます。この計画は実行委員会(委員長:山崎滋賀大教授)で進められてきました。
 オープン記念式典には、獅子市長、商工会議所専務理事、観光協会会長なども出席され、多くのテレビ、新聞が取材に来ました。

写真1
写真2