8月23日(火)滋賀大学 大津サテライトプラザにおいて「滋賀県異業種交流大会」が開催されました。
 この会は、滋賀県異業種交流会連合会が主催し、滋賀大学が協力したもので「新連携時代における異業種交流のあり方」について静岡文化芸術大学の坂本光司教授の基調講演に続いて、本学経済学部の弘中助教授がコーディネーターを勤め、意見交換会が行われました。
 参加者は、県下の中小企業の経営者、各地の商工会から50名を超し、関心の深さがうかがわれました。

会場風景

会場風景

左:弘中助教授 右:坂本教授

左:弘中助教授 右:坂本教授