産業共同研究センターは、地域貢献、社会貢献を目指し互いに協力し合って地域の活性化を実現することを目的とし、彦根市内の滋賀県立大、聖泉大とともに、彦根商工会議所と地域の振興を目指す産学連携覚書を結びました。彦根商工会議所からは北村会頭、滋賀大学からは野本産業共同研究センター長、滋賀県立大は三好地域産学連携センター長、聖泉大は東村学長が出席し調印しました。
 業務提携・協力方法内容は(1)企業等からの共同研究等の推進(2)大学ベンチャーの推進・支援(3)まちづくり・地域振興における連携(4)人材育成における連携(5)その他の地域意の産学連携活動に寄与する事項です。
 産業共同研究センターが、地域の商工会議所と業務連携の覚書に調印するのは近江八幡商工会議所に続き2件目です。