経済学部の道上静香助教授が、2005年ユニバーシアードテニスチームの女子コーチに就任しました。

第23回ユニバーシアード競技大会(2005/イズミル)の概要

ユニバーシアード(UNIVERSIADE)とは、国際大学スポーツ連盟(Federation Internationale du Sport Universitaire=FISU)が主催する全世界の学生の総合競技大会のことで、別名”学生のオリンピック”とも言われています。2年毎に開催され、英語では普通、World University Games of FISU の名で呼ばれています(詳細はJOCのHPを参照)。2005年の今年は、12競技団体の試合がトルコのイズミルにて開催されます。その種目の1つに硬式テニスが含まれており、男子、女子のシングルス、ダブルス、ミックスダブルスが行われます。今後のテニス選手団の日程ですが、8月6日に決団式、8月7日に出発。8月11日に開会式があり、8月12日から試合が開催されます。そして、8月21日に閉会式という流れになります。この時期のトルコは、非常に暑く、日中は、気温が40度近くにまで上昇するそうです。そして、採用されるコートサーフェスは、ハードコートのため、コート上の気温は、さらに上昇します。このような過酷な環境の中で、選手がいかにベストコンディションに近い状態で試合に臨めるか、これが勝敗を分ける重要な鍵となってくると思います。女子選手は、前回参加した選手が4名中3名います。各選手、8月までアメリカ遠征へ出かけたり、日本で調整したりするなどして、トルコ入りすることになっています。選手は、前回メダルを獲れなかった悔しさから非常に気合いがはいっています。そんな選手達を、全面的にサポートしていきたいと思っています。
 ちなみに、日本代表の女子テニス選手は、道慶知子、矢部由希子、波形純理、前川綾香選手です。応援よろしくお願いします。

道上 静香(経済学部 助教授)

滋賀大学経済学部硬式テニス部 監督
日本テニス協会 強化企画本部・スポーツ科学委員会副委員長
日本テニス協会 指導者育成委員会・教育プログラム作成部会員
JOC 情報・医・科学専門委員会 科学サポート部会員
JOC 強化スタッフ(医・科学スタッフ)
主に、ジュニアテニス選手、プロテニス選手の動作解析やナショナルチームの試合に帯同し、戦術分析などを行い、科学的な側面からテニス選手のサポートを行っている。他にも、シンクロナイズドスイミングの科学分析スタッフとしても活動している。