滋賀大学は大津市と、6月27日(月)、これまで築いてきた協力関係を踏まえ、相互の発展と地域社会の発展に資するため、連携して協力する協定を締結しました。
 連携して協力し合う内容は、学校教育及び生涯学習、文化・産業の振興、地域の活性化などに関する事業で、今後具体的に協議されていく予定です。
 調印式は、滋賀大学から成瀬学長、吉野理事、山崎地域連携センター長、川嶋教育学部長及び阿知羅経済学部長、大津市から目片市長、佐藤助役、安藤教育長、中村政策調整部長及び金久政策調整部政策監の10人が出席し、大津市役所で行われ、成瀬学長と目片市長とが協定書を取り交わしました。
 滋賀大学が、地域自治体と包括的な相互協力協定を結ぶのは今回で3例目です。

協定書にサインする目方大津市長(左)と成瀬学長

協定書にサイン

握手する目方大津市長(左)と成瀬学長

握手する目方大津市長(左)と成瀬学長

調印後の記念撮影

調印後の記念撮影