平成17年2月1日 第1回滋賀大学経営戦略会議が開催された。成瀬学長から、「滋賀大学の現状と今後の戦略的課題 −経営戦略会議の発足にあたって−」と題して、滋賀大学を取り巻く情勢と環境、滋賀大学の経営戦略を考える視点、今後の重点的戦略的課題、戦略会議における検討のすすめ方等について説明が行われた。

 学長から、本学の経営戦略を考える視点として、第1.中期目標・中期計画の重点課題の実行を最優先する。第2.滋賀大学の”売り”をさらにのばし外に向けての積極的PRの姿勢を持つ。第3.高等教育の将来像と本学の方向性を見極める。第4.地域連携・大学間連携の必要性を踏まえる。第5.「2007年」問題を視野に入れた研究教育組織の見直しを考える。第6.国立大学法人化の趣旨とメリットを生かした改革を推進する、などの指摘があり、今後の具体的な検討課題として以下の提起がなされた。

 (1)環境総合研究センターをはじめとする環境教育研究体制の整備
 (2)国際交流センターの設置と国際交流事業の新たな展開
 (3)学生の就職・キャリア形成に関する全学的な支援・指導体制の構築
 (4)専門職大学院に関する情報の収集と可能性の検討
 (5)「2007」年問題を念頭に置いた教育研究組織の再編
 (6)大学評価および広報の体制の充実
 (7)後援会・同窓会組織と連携・協力した学生支援等の推進
 (8)トップマネジメント体制および事務組織の改善と見直し

 経営戦略会議は、今後2ヶ月に1回のペースで開催される予定である。